IMQセミナー(講演会)を開催しました。

セミナーは盛会のうちに終了しました。 講演者の皆様、参加者の皆様、展示会出展の企業の皆様に感謝します。

イメージ・メディア・クオリティ(IMQ)研究専門委員会は、このたび「最新高画質映像技術の基礎から応用まで」と題したセミナー(講演会)を開催することとなりました。本セミナーは、4K放送が始まり、高画質映像技術が再び注目されている状況を踏まえ、研究者のみならず一般技術者や学生までにも、最新の高画質映像技術についての理解を深めていただくことを目的とします。

セミナーの内容としましては、真の高解像度化、高ダイナミックレンジ化、高画質符号化(情報圧縮)、広色域化を目的として、それを実現するための基礎理論から応用装置までを、「基礎」「視覚」「規格」「撮像」「伝送」「表示」の6分野について、それぞれの第一人者に解説して頂きます。また、関連する機器を扱う企業による機器展示見学会も開催します。

  • 日時:2014年11月28日(金)9:30~18:00
  • 会場:東海大学高輪キャンパス 2号館2B101大講義室
  • 受講料 (消費税込み)
    一般:5,000円
    シニア:2,000円 (55歳以上で常勤職に就いていない方,年齢のみ確認)
    学生:無料 (学生証で確認,予稿集が必要な場合は1,000円で購入)

詳細はこちら → http://imqa.jp/seminar2014/

  • 参加登録はこちら
  • 当日申し込みでもかまいませんが、資料の準備等のため、事前に要録していただければ幸いです。
  • 11月28日(金) 午前 09:30 – 午後 18:00
    午前 09:30 – 午前11:50
    (1) 09:30-09:40 本セミナーの企画意図と概要について 杉山賢二(成蹊大,IMQ副委員長)
    (2) 09:40-10:40 基礎] 映像情報の成り立ちと画質の基礎 土田 勝(NTT,IMQ委員)
    (3) 10:50-11:50 [視覚] 映像の臨場感と人間の視覚特性 江本正喜(NHK)
    11:50-14:00 機器展示会
    概要説明(11:50-12:00)  2B101 大講義室
    機器展示(12:00-14:00)  2201教室(大講義室の上階)展示喫業(敬称略)
    アストロデザイン株式会社
    http://www.astrodesign.co.jp/
    株式会社計測技術研究所
    http://www.keisoku.co.jp/
    株式会社TFF テクトロニクス社
    http://jp.tek.com/
    株式会社テクノハウス
    http://technohouse.co.jp/
    株式会社ニコンシステム
    http://www.nikon-sys.co.jp/
    株式会社 朋栄
    http://www.for-a.co.jp/
    リーダー電子株式会社
    http://www.leader.co.jp/product/commodity.html
    午後 13:30 – 18:00
    (4) 13:30-14:30 [規格] UHDTV映像規格とその広色域特性析 正岡顕一郎(NHK)
    (5) 14:30-15:30 [撮像] 撮像の各種課題に対する取り組み 吾妻健夫(パナソニック)
    6) 15:45-16:45 [[伝送] 次世代符号化方式HEVCとその高画質化技術 坂手寛治(三菱電機)
    7) 16:45-18:00 フルスペック高画質化に向けた8Kディスプレイ技術
    レーザーによる広色域表示とカラー マネジメント技術
    BT.2020広色域対応の表示に関する高画質映像技術
    熊倉 威(シャープ)南 浩次(三菱電機)江藤博昭(ソニー)

2014年度第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会

2014年度、第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会を下記の通り開催いたしました
盛会のうちに終了しました。

  • 開催日: 2014年10月24日(金)
  • 会場:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス
    創造連携センター2階 プレゼンテーションルーム
    地下鉄松ヶ崎駅出口1番から出て、ツタヤの駐車場の所の信号を右折、西北門からが近いです。
  •  http://www.kit.ac.jp/01/gakunaimap/matugasaki.html

 

10月24日(金) 午後 14:00 – 午後 16:20
午後 14:00 – 午後15:15
(1) 14:00-14:25 3D映画視聴時の輻輳眼球運動と目の焦点調節の解析 ○白鳥雄太・北出桃子・高比良英朗・望月信哉・横山優樹・山田光穗(東海大)
(2) 14:25-14:50 視標を指差し時の眼球運動と頭部運動の解析 ○高比良英朗・菊池 慧・遠藤 克・伊城龍之介・田中優衣・山田光穗(東海大)
(3) 14:50-15:15 高精度動き推定に基づく高フレームレート画像の統合による高空間解像度化 ○松崎 哲・藤井翔太・菅井男也・浜本隆之(東京理科大)
15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
午後 15:30 – 16:20
(4) 15:30-15:55 方位図形のわかりやすさに関する研究 ○金 珉珠・森本一成・桑原教彰(京都工繊大)
(5) 15:55-16:20 内視鏡診断の画像強調技術 Dynamic Band Imaging 法の提案 ○中口俊哉(千葉大)・坂間淳孝(浅井病院)・前佛聡樹・津村徳道・三宅洋一(千葉大)

2014年ソサイエティ大会のご案内

会 期:2014年9月23日(火)~26日(金)
会 場:徳島大学 常三島キャンパス(徳島市)
A-21. イメージ・メディア・クオリティ 9 月26 日 10:00 〜11:45 工学部共通講義棟 K 405
座長 中口俊哉(千葉大)
A-21-1 奥行き方向に移動する実物体と3D・2D映像に対する調節と輻輳変化の比較
○望月信哉・横山優樹・高比良英朗・山田光穗(東海大)
A-21-2 奥行き方向に移動する視対象に対する輻輳と調節変化の分析(その2)
○横山優樹・望月信哉・高比良英朗・山田光穗(東海大)
A-21-3 計算機を用いた読唇による母音推定
○飯沼嗣業・松本哲也(名大)・竹内義則(大同大)・工藤博章・大西 昇(名大)

休 憩(11:00 再開)
座長 工藤博章(名大)
A-21-4 4K画像観察時の輻輳眼球運動と調節変化の解析
○高比良英朗・望月信哉・横山優樹・山田光穗(東海大)
A-21-5 視標指差し時の眼球運動と頭部運動の解析
○菊池 慧・高比良英朗・山田光穗(東海大)
A-21-6 頭部CT画像のストリークアーチファクト解析
○今井國治(名大)・遠地志太(阪大病院)・池田 充・ 川浦稚代(名大)・森 政樹(名大病院)・新美孝永(名古屋第二日赤病院)

今後の予定

 第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会

日時:2014年10月24日(金)
会場:京都市 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス
テーマ:ヒューマンインタフェースとIMQ一般

 

イメージ・メディア・クオリティ セミナー

日時:2014年11月28日(金)
会場: 東海大学 高輪キャンパス

第4回イメージ・メディア・クオリティ研究会

日時:2014年12月20日(土)
会場: 名古屋大学
テーマ:医用画像とIMQ一般

2014年度第2回イメージ・メディア・クオリティ研究会

2014年度、第2回イメージ・メディア・クオリティ研究会は盛会のうちに終了しました。

 

8月1日(金) 午後 14:00 – 午後 16:20
午後 14:00 – 午後15:15 座長 中口 俊哉(千葉大)
(1) 14:00-14:25 UHDTV広色域表色系における知覚的等色相線の測定 ○岩崎有希子・正岡顕一郎・日下部裕一・西田幸博(NHK)
(2) 14:25-14:50 画像の印象評価における好みと注視領域の関連性の解析 ○駒井ほたる(石川高専)・稲積泰宏(富山大)・川除佳和(石川高専)
(3) 14:50-15:15 集合知に基づく画像のROI推定法の検討 ○木戸口里美(石川高専)・稲積泰宏(富山大)・川除佳和(石川高専)
15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
午後 15:30 – 16:20 座長 稲積泰宏(富山大)
(4) 15:30-15:55 4K画像注視時の輻輳眼球運動と調節の解析 ○高比良英朗・横山優樹・望月信哉・山田光穗(東海大)
(5) 15:55-16:20 8視点パララックスバリア方式における領域別に符号化劣化させた3DCG画像中の背景領域がグレースケールである場合の主観品質評価 ○河畑則文・宮尾 克(名大)

2014年度第1回イメージ・メディア・クオリティ研究会

2014年度、第1回イメージ・メディア・クオリティ研究会を開催いたしました。盛会のうちに終了いたしました。

  • 開催日: 2014年5月16日(金)
  • 会場:東海大学高輪キャンパス http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/
  • 交通案内:東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線:白金高輪駅下車,出口1 から左に進み,徒歩約8分
5月16日(金) 午後 13:00 – 午後 15:45
午後 13:00 – 午後10:25  IMQ(1)
(1) 13:00-14:15 〔依頼講演〕内視鏡照明光源の演色性及び色識別評価 中口俊哉(千葉大)久保雅裕(富士フイルム)三宅洋一(千葉大)
(2) 13:25-13:50 計算作業や読書におけるLED と有機EL照明の生体影響に関する比較評価 稲嶺清弥高橋恭佑中口俊哉川平洋千葉大
(3) 13:50-14:15 HDR画像の有機ELディスプレイによる主観評価実験 杉山賢二本土雄大鈴木愛粟野直之成蹊大
14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
午後 14:30 – 15:45 IMQ(2)
(4) 14:30-14:55 視線と手の動きの同時計測装置開発 高比良英朗菊池慧山田光穗東海大
(5) 14:55-15:20 双方向運転シミュレーション装置を用いた運転時の頭部運動と眼球運動の解析 飯塚岳西村佑哉鈴木貴一若松英輝山田光穗東海大
(6) 15:20-15:45 8 視点パララックスバリア方式における3DCG 画像中の物体または背景に符号化劣化が生じた場合の主観品質に関する統計的分析 河畑則文宮尾克(名大)堀田裕弘富山大

研究会終了後,懇親会(17:30~)を予定していますので御参加下さい.

 

 

第5回イメージ・メディア・クオリティ研究会

コミュニケーションクオリティ研究会(CQ)、画像工学研究会(IE)、マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)との共催で3月6日(木)、7日(金)第5回イメージ・メディア・クオリティ研究会を開催いたしました。

  • 開催日: 2014年3月7日(金)
  • 会場:別府国際コンベンションセンター http://www.b-conplaza.jp/
  • 交通案内:JR別府駅から徒歩15分/バス5分,または,別府北浜からタクシー10分
  • http://www.b-conplaza.jp/
  • テーマ:五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,クラウド,モバイル,ネットワーク,およびこれらの品質と信頼性,一般
3月7日(金) 午前 8:45 – 午後 16:35
午前 8:45 – 午前10:25  IMQ(1)
(1) 8:45-9:10 主観評価に基づいた静止画像の多次元類似度の算出 上田敦史稲積泰宏堀田裕弘富山大
(2) 9:10-9:35 SVMを用いた静止画像に対するノイズ判別法 青嶋大地稲積泰宏堀田裕弘富山大
(3) 9:35-10:00 極座標方向への画像積分による全方位動画像中の車両検出の高速化 片山康太郎柴田啓司堀田裕弘富山大
(4) 10:00-10:25 シーケンシャルカラー画像のための3色プレーン間適応型動き推定 岡田侑樹粟野直之杉山賢二成蹊大
10:25-10:30 休憩 ( 5分 )
午後 13:10 – 14:50  IMQ(2)
(5) 13:10-13:35 複数台の汎用PCによるマルチ画面コンテンツ表示システムの表示制御方式 椿 泰範吉田 浩神田準史郎三浦 紳三菱電機
(6) 13:35-14:00 画素解像度の違いが主観的印象に与える影響の検証 日下雄人林 亮輔堀田裕弘富山大
(7) 14:00-14:25 動画像の品質が脳血行動態及び主観評価に与える影響 京谷繁明杜 洋堀田裕弘富山大
(8) 14:25-14:50 卓上作業における身体動揺量と作業進捗状況の経時的解析 高橋恭佑中口俊哉川平 洋千葉大
14:50-14:55 休憩 ( 5分 )
午後 14:55 – 16:35  IMQ(3)
(9) 14:55-15:20 複数の書体を同時に表示できる紙書籍・電子書籍を読書時の眼球運動解析 椿高比良英朗勢能弘規石川諒一菊池 慧山田光穗東海大
(10) 15:20-15:45 奥行き方向に移動する視対象に対する輻輳と調節変化の分析 横山優樹菊池 慧高比良英朗山田光穗東海大
(11) 15:45-16:10 口唇動作による発話トレーニング法の提案 若松英輝寺尾太志山崎夢子山田光穗東海大
(12) 16:10-16:35 表情筋の筋電図を用いた静止画像の画質評価に関する検討 田村隆行柴田啓司稲積泰宏堀田裕弘富山大

 

第4回イメージ・メディア・クオリティ研究会 (2013年12月13日)

第4回イメージ・メディア・クオリティ研究会は盛会のうちに終了しました

  • 開催日: 2013年12月13日(金)
  • 会場:静岡大学 浜松キャンパス 佐鳴会館会議室http://www.shizuoka.ac.jp/access/map_hamamatsu.pdf
  • 交通案内:遠鉄バスのりば等 JR東海浜松駅前北口バスターミナル15,16番のりばから 全路線「静岡大学」下車 (所要時間約20分、1時間に10本程度運行)
  • https://www.shizuoka.ac.jp/
  • テーマ:ディスプレイとIMQ一般
  • 投稿締め切り:2013年10月21日(月)
10月18日(金) 午後 13:30 – 16:40
午後 13:30 – 15:10
(1) 13:30-13:55 電子書籍と紙書籍の見開きページ読書時の眼球運動の比較 ○高比良英朗・石川諒一・菊池 慧・山田光穗(東海大)
(2) 13:55-14:20 手の動きと頭部運動、眼球運動の協調運動の解析 ○菊池 慧・横山優樹・高比良英朗・石川諒一・山田光穂(東海大)
(3) 14:20-14:45 画質評価のための注視重要度の関数近似 ○泉 直孝・黒木修隆・廣瀬哲也・沼 昌宏(神戸大)
(4) 14:45-15:10 遠隔作業支援システムにおける指導者によるAR情報の重積手法とネットワーク環境が及ぼす影響に関する一考察 ○大多和 均・佐野良樹・長沼晶子・古澤昌也・湯瀬裕昭・渡邉貴之(静県大)
15:10-15:25 休憩 ( 15分 )
午後 15:25 – 16:40
(5) 15:25-15:50 3次元表示された画像における、VSNRを用いた客観的評価と主観評価との比較 ○鈴木一弘・坂本雄児(北大)
(6) 15:50-16:15 3D映像における視覚疲労と映像評価についてのアンケート結果の統計的分析 ○河畑則文・宮尾 克(名大)
(7) 16:15-16:40 メタメリズムインデックスを用いた広色域ディスプレイの評価 ○天野雄介・大橋剛介・下平美文(静岡大)

 

第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会(2013年10月18日)

第3回イメージ・メディア・クオリティ研究会は盛会のうちに終了しました。

  • 開催日: 2013年10月18日(金)
  • 会場:千葉大学 フロンティア医工学センター B棟1階会議室
  • 交通案内:JR西千葉駅徒歩8分(南門経由), 京成みどり台駅徒歩10分(正門経由)
  •  http://www.cfme.chiba-u.jp/contact/contact.php
  • テーマ:医用画像とIMQ一般

10月18日(金) 午後 13:00 – 16:40
午後 13:30 – 15:10 座長:中口俊哉(千葉大)
(1) 13:30-14:20 [特別講演]MRIの画像化に関する基本コンセプトと画質評価法 ~ メーカーの立場から ~ 久原重英東芝メディカルシステムズ
(2) 14:20-14:45 確率共鳴を利用したコントラスト分解能の改善 山元勇輝藤井啓輔高瀬郁子名大)・遠地志太阪大医学部附属病院)・川浦稚代名大)・森 政樹名大医学部附属病院)・池田 充・○今井國治名大
14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
午後 15:00 – 16:15 座長:今井國治(名大)
(3) 15:00-15:25 3Dエフェクト効果および3D字幕効果を見る際の輻輳眼球運動の分析 白鳥雄太高橋いずみ佐野啓介渋田優輝山田光穗東海大
(4) 15:25-15:50 VRを用いた脳室内視鏡手術支援システムに関する研究 白子 匠濱本和彦松前光記黒田 輝内田 理厚見秀樹東海大
(5) 15:50-16:15 キャリブレーションフリーなポータブル蛍光色素観察システムの構築 鈴木 拓中口俊哉千葉大)・大坪誠治釧路労災病院)・林 秀樹千葉大)・草野満夫釧路労災病院