IMQセミナー(講演会)を開催しました。

セミナーは盛会のうちに終了しました。 講演者の皆様、参加者の皆様、展示会出展の企業の皆様に感謝します。

イメージ・メディア・クオリティ(IMQ)研究専門委員会は、このたび「最新高画質映像技術の基礎から応用まで」と題したセミナー(講演会)を開催することとなりました。本セミナーは、4K放送が始まり、高画質映像技術が再び注目されている状況を踏まえ、研究者のみならず一般技術者や学生までにも、最新の高画質映像技術についての理解を深めていただくことを目的とします。

セミナーの内容としましては、真の高解像度化、高ダイナミックレンジ化、高画質符号化(情報圧縮)、広色域化を目的として、それを実現するための基礎理論から応用装置までを、「基礎」「視覚」「規格」「撮像」「伝送」「表示」の6分野について、それぞれの第一人者に解説して頂きます。また、関連する機器を扱う企業による機器展示見学会も開催します。

  • 日時:2014年11月28日(金)9:30~18:00
  • 会場:東海大学高輪キャンパス 2号館2B101大講義室
  • 受講料 (消費税込み)
    一般:5,000円
    シニア:2,000円 (55歳以上で常勤職に就いていない方,年齢のみ確認)
    学生:無料 (学生証で確認,予稿集が必要な場合は1,000円で購入)

詳細はこちら → http://imqa.jp/seminar2014/

  • 参加登録はこちら
  • 当日申し込みでもかまいませんが、資料の準備等のため、事前に要録していただければ幸いです。
  • 11月28日(金) 午前 09:30 – 午後 18:00
    午前 09:30 – 午前11:50
    (1) 09:30-09:40 本セミナーの企画意図と概要について 杉山賢二(成蹊大,IMQ副委員長)
    (2) 09:40-10:40 基礎] 映像情報の成り立ちと画質の基礎 土田 勝(NTT,IMQ委員)
    (3) 10:50-11:50 [視覚] 映像の臨場感と人間の視覚特性 江本正喜(NHK)
    11:50-14:00 機器展示会
    概要説明(11:50-12:00)  2B101 大講義室
    機器展示(12:00-14:00)  2201教室(大講義室の上階)展示喫業(敬称略)
    アストロデザイン株式会社
    http://www.astrodesign.co.jp/
    株式会社計測技術研究所
    http://www.keisoku.co.jp/
    株式会社TFF テクトロニクス社
    http://jp.tek.com/
    株式会社テクノハウス
    http://technohouse.co.jp/
    株式会社ニコンシステム
    http://www.nikon-sys.co.jp/
    株式会社 朋栄
    http://www.for-a.co.jp/
    リーダー電子株式会社
    http://www.leader.co.jp/product/commodity.html
    午後 13:30 – 18:00
    (4) 13:30-14:30 [規格] UHDTV映像規格とその広色域特性析 正岡顕一郎(NHK)
    (5) 14:30-15:30 [撮像] 撮像の各種課題に対する取り組み 吾妻健夫(パナソニック)
    6) 15:45-16:45 [[伝送] 次世代符号化方式HEVCとその高画質化技術 坂手寛治(三菱電機)
    7) 16:45-18:00 フルスペック高画質化に向けた8Kディスプレイ技術
    レーザーによる広色域表示とカラー マネジメント技術
    BT.2020広色域対応の表示に関する高画質映像技術
    熊倉 威(シャープ)南 浩次(三菱電機)江藤博昭(ソニー)

コメントは受け付けていません。