2016年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第1回研究会報告

2016年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第1回研究会と研究専門委員会を開催しました。盛会のうちに閉会いたしました。

 

    • 開催日: 2016年5月27日(金)
    • 会場:千葉大学
    • テーマ:IMQ一般
    • なお、研究会後、総会を開催します。専門委員会のメンバーはご参加ください。
    • 5月27日(金) 午後 13:40 - 午後 15:35
      午後 -13:40 – 午後14:30    座長:魚森 謙也(パナソニック)
      (1) 13:40-14:05 Multi-view 3D CG Image Quality Assessment by Using S-CIELAB Color Space Including Visible Digital Watermarking by Regions in case the Background Region is Gray Scale ○Norifumi Kawabata・Masaru Miyao(Nagoya Univ.)
      (2) 14:05-14:30 高臨場表示システムのための斜め視と鮮鋭度に関する主観評価実験  ○杉山賢二・大池 歩・丸山由比・粟野直之(成蹊大)
      14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
      午後 14:40 – 午後15:35  座長:中口俊哉(千葉大)
      (3) 15:40-15:10 [依頼講演]分光プロジェクタの構築・評価とイメージング応用  ○平井経太・堀内隆彦(千葉大)
      (4)  15:10-15:35 携帯端末機器におけるOCRを用いた英文中の略語の意味推定とその実装 荒井秀育・○工藤博章・松本哲也(名大)・竹内義則(大同大)・大西 昇(名大)

コメントは受け付けていません。