2016年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第2回研究会の開催報告

2016年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第2回研究会をHIP研究会との共催で下記の通り、開催いたしました。

開催日: 2016年7月29日(金)

    • 会場:札幌市立大学芸術の森キャンパス    C 棟303
    • (札幌市南区芸術の森1 丁目.地下鉄南北線:真駒内駅から2 番乗り場発の中央バスに乗車(約12 分)「札幌市立大学前」下車.徒歩3 分.
    • テーマ:イメージ・メディア・クオリティとヒューマン情報処理,その他,一般
    • 7月29日(金) 午前 10:00 - 午後16:35
      午前 -10:00 – 午後11:40    座長:
      (1) 10:00-10:25 輝度レンジの拡大が映像視聴中の生理心理状態に及ぼす影響 ○阪本清美・田中 豊(パナソニック)・山下久仁子・岡田 明(阪市大)
      (2) 10:25-10:50 視覚属性とランダムドットパターン上の主観的輪郭  ○石井雅博(札幌市大)
      (3) 10:50-11:15 口琴の弁形態にみる非対称性とその音響的意味の考察 ○矢久保空遥(札幌市大)
      (4) 11:15-11:40 学習スタイルと段階に応じた適切なメディアの組み合わせを考慮した学習システムの提案と評価 柏崎謙・○丸谷大樹・田野俊一・橋山智訓(電通大)・岩田満(都立産技高専)
      11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
      午後 13:00 – 午後14:15  座長:
      (5) 13:00-13:25 公共空間におけるインタラクティブな作品展示について─500 m 美術館及びチカホにおけるメディアアート作品について─  ○石田勝也(札幌市大)
      (6)  13:25-13:50 三次元形状計測データを用いたお面制作 ○松永康佑(札幌市大)
      (7) 13:50-14:15 風力を用いた浮遊型ユーザインターフェースのデザインと検討 ○三上拓哉・松永康佑(札幌市大)
      14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
      午後 14:25 – 午後15:10  座長:堀田裕弘(富山大)
      (8) 14:25-15:10 〔招待講演〕マルチメディア信号処理と次世代情報検索 ○長谷山美紀(北大)
      15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
      午後 15:20 – 午後16:35  座長:
      (9) 15:20-15:45 NIRS による異なる呈示環境時の脳活動の変化 芦田勇樹・澤田大貴・杜洋・柴田啓司・稲積泰宏・○堀田裕弘(富山大)
      (10) 15:45-16:10 IQA データベースのための画像特徴量に基づくノイズ予測器の検討 ○稲積泰宏・井藤七穂・堀田裕弘(富山大)
      (11) 16:10-16:35 ノイズ低減と輪郭強調による超音波動画像中の正中神経抽出 ○片山康太郎・柴田啓司・笹木亮・長田龍介・堀田裕弘(富山大)

コメントは受け付けていません。