第5回 イメージ・メディア・クオリティ研究会開催のお知らせ

2017年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第5回研究会をMVE、画像工学との共催、CQとの併催で下記のとおり開催されました。

    • 開催日: 2018年3月8日(木)、9日(金)
    • 会場:沖縄産業支援センター
    • 交通案内:
      • モノレール 小禄駅からの徒歩での所用時間はおよそ15分程
      • バス 国税庁舎前の『 旭 橋 』のバス停から89番糸満線、または56番浦添線に乗車、3つ目のバス停『 金 城(カナグスク)』にて下車
    • テーマ:五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会協賛)
    • 開催プログラム
    • 3月8日(木) 午後  IMQ/IE1(312号室)
      14:10 – 15:25
      (30)
      IMQ
      14:10-14:35 作業姿勢の類似性に基づいた視線情報の重ね合わせによる注視優先度予測 ○日比雅仁・工藤博章・松本哲也(名大)・竹内義則(大同大)・大西 昇(名大)
      (31)
      IE
      14:35-15:00 姿勢推定技術に基づく機械学習を活用した人物の不審動作認識手法の精度評価 ○一原賢吾・竹内 健・金井謙治・甲藤二郎(早大)
      (32)
      IE
      15:00-15:25 不審行動検出に向けた複数人物追跡とバイオセンシングの検討 ○横山怜汰・竹内 健・金井謙治・甲藤二郎(早大)
    • その他のセッションにつきましては「 開催プログラム」をご覧ください。

コメントは受け付けていません。