2018年度 第1回 イメージ・メディア・クオリティ研究会開催の報告

2018年度、イメージ・メディア・クオリティ研究会の第1回研究会を下記のとおり開催しました。

    • 開催日: 2018年5月25日(金)
    • 会場: 千葉工業大学 津田沼キャンパス
      • JR総武線 
        津田沼駅 駅前(南口)徒歩1分<東京駅から快速で28分>

      • 京成線
      • 京成津田沼駅下車 徒歩10分<京成上野駅から快速で37分>
    • テーマ:イメージ・メディア・クオリティ一般
    • 5月25日(金) 午後13:10 – 午後15:05
      午後 13:10 – 午後14:05       座長:
      (1) 13:10-13:40 [依頼講演]人の実装プロセスに学ぶ検査画像処理プログラム自動生成手法 ○ 吉村裕一郎・青木公也(中京大)
      (2) 13:40-14:05 淡色カラーフィルタ配列とその撮像信号処理の基礎検討 ○杉山賢二・笠原 豪・中沢衣里・粟野直之(成蹊大)
      休憩(10分) 午後14:05 – 午後14:15
      午後14:15 – 午後15:05     座長:
      (3) 14:15-14:40 CNNの構造に基づいた多視点超解像画像の最適設計と符号化画質評価 ○河畑則文(名大)
      (4) 14:40-15:05 Cycle GANを用いた画像の 美的評価値の改善 ○宮田高道(千葉工大)
    • お知らせ:研究会終了後,研究専門委員会、懇親会を予定しています.

コメントは受け付けていません。